そもそも結婚式場って必要

日本人って結婚式場で結婚式を挙げたがるよね?あれってなんでなのかな。アメリカなんかだと、家の近くの教会とか自分の家の庭なんかで結婚式を挙げる方が断然多い。結婚式場みたいなものもあるにはあるけど、普通の人はあまり使わない。協会に行くのが嫌な人とか、あまりお金がない人が、特に学生みたいな、が結婚式を挙げるときに使うくらいのもんだよね。よくアメリカのドラマなんかで見る、ラスベガスなんかのできちゃったカップルが、酔った勢いでかけこんだりするのが結婚式場ってイメージなんだと思う。けど日本の場合は、まず家の近くに教会がないことの方が断然多いし、家の庭で、友達や職場の人をみんな呼んで結婚式を開けるほどでかい庭を持っている人も限られてくる。だから日本には結婚式場が必要なんだとおもう。みんなを呼んでワイワイできて、それでいて一生で一番幸せな瞬間を迎えるにふさわしい場所。結婚式場って素敵だと思う。そうじゃないですか。

結婚式場に必要なもの

結婚式場に求められるものってなんだろう。豪華なことか?きれいであるか?料理はおいしいか?会場は広いか?駅から近いか?などいろいろな要望はあると思います。しかし、最も大切なことは、そこは新しい家族が生まれる場所だということなのです。2の男女が永遠の愛を誓い合う場所であるということを考えたら、上に挙げたようなことはさしたる問題でもないような気がしてきました。結婚式とは、二人の人生の節目として、ある意味でけじめをつけるべき場所です。今までの自分の人生に対しての感謝と、これからの人生に対しての責任をはっきりする場所といってもいいでしょう。それをしっかりとできる場所、それが結婚式場の本来あるべき姿だといえるでしょう。そんな結婚式場にふさわしいのは、アメリカであったら教会とかになるのでしょう。アメリカ人はほとんどがキリスト教徒であり、生まれてからすぐに教会で洗礼を受けたりします。神様の見ている前で、人生のけじめをつけるのです。

Sitemap